歯を大切にしてますか?

いつまでも、健康で居たいですよね。若い頃は風邪を引いてもすぐに治っていたものが年をとると治りが悪くなり、ひどくなると肺炎などの恐ろしい病気となってしまうのです。幸い、今の医療では肺炎は治せる病気となりました。しかし、どんなものにも進行状況というものがありますよね。その他自分自身の年齢や生活習慣など様々な要素が健康を維持する上で最も必要となるのです。皆さんは医歯薬という言葉をご存知ですか。医歯薬とは医療と歯科の両方を指す言葉となります。自分自身の体調に気を使っている方は結構居ると思いますが、自分の歯に気を使っている方はあまり多くはないのではないかと思うのです。皆さんは、どうでしょうか。普段生活していて何となく「歯が痛いなぁ。」とか「近頃、頭が痛い日々が続いている。」と言ったことはありませんか。実は、頭痛も歯が原因だということがあるのです。食事をするとき、自分の歯でしっかりと噛んで食べますよね。噛むということは、上の歯と下の歯を叩く事と同じなのです。自分の左手と右手で叩いてみてください。それと同じことを口の中でも行っているのです。例えばその時に指の骨が痛かったとしますよね。そうなると、左手と右手が触れた瞬間に痛みが走ります。これと同じことが口の中でも起こっているのです。だから、歯が痛いときは顎全体が痛いような気がしてしまうのですね。体のことばかり気にしてしまいがちですが、その中にぜひ「歯」も入れてあげるようにしましょう。たのしい食事を続け、健やかに過ごすには歯が大事です。